がんの行方




c0183878_21314381.jpg



先日、主人とふたりで登った対馬の白嶽



................................





鹿児島のUMSオンコロジークリニックで
治療して、もうすぐ丸4年になります。

以前にも書きましたが、
治療後すぐは3ヶ月に一度
2.3年経つと半年に一度、
経過観察のため鹿児島を訪れています。

毎回、ちょっぴりドキドキしますが
今のところ右胸のがんはなくなったまま
転移も再発もありません。

でも治療して終わりじゃない。

食事と運動、日々の生活。
そして、こころの在り方を
自分なりのやり方で維持していくことが
大切だと思っています。


現在、食事はほぼ2食。
午前中は固形物は摂らず水分のみ。
(治療後2年くらいは完全に
ニンジンリンゴジュースのみでした)
たまに果物くらいは食べるし
家族の朝食は毎日作るので
お味噌汁だけの日があったりします。

これはいつかの玄米おにぎりの中医学に詳しい先輩が
「午前中は排泄の時間。
出すことに意識を向けて。出してから入れる」
と言っていたから。

実際、慣れると平気だし、
朝、食べると体が重い。
お昼も夜も食べ過ぎない方が調子がいい。
と、感じるようになりました。

お昼はアトリエで手作り弁当。
夜は家族で和食中心。

主食は玄米ですが、それだけしか食べない!
と言うことではなく、なるべく。という感じ。
(主人も息子も白米派です)

治療中やその直後は
神経質になっていた時期もありましたが
なんでも過ぎると良くないのでほどほどに。

これダメ!あれダメ!と決めてしまうのではなく
自分の身体の声に耳を傾けていると
自然と口にするモノや量が決まってくる気がします。









長くなりそうなので

つづく