がんの行方 ②



がんの行方 ②からの続きです




食事や運動の他に気をつけたのは体温。

20代の頃からアパレルメーカーで
不規則な生活、乱れた食生活を送っていた私は
当然ですが低体温。低血圧。

パンが大好きで、甘いものも大好き。

砂糖や小麦粉など、白い、体を冷やすものを
たくさん摂取しすぎていたのだと思います。


一時期はかなり厳密に白いものを断ち
甘いものを食べないようにしていました。

朝から生姜紅茶(好きな紅茶に
自分ですりおろした生姜を投入!)
生野菜よりは根菜類。
白いものじゃなくて茶色いもの
(甘いもの同様、小麦粉は全く摂らない時期もありました)

今は白砂糖は全く使わず、メインは甜菜糖。
あと、お塩や調味料もとっても大切。
少しくらい高価でも良いものを使うようにしています。

お味噌汁は飲む点滴。
なるべく毎日いただくようにしています。


カラダを温める食事をすれば、ちゃんと体温は上がります。
(体重計には乗らなくても、毎日体温チェックしていました)

お風呂でしっかり温まる。
(お風呂は元々大好き!夏でもシャワーじゃなくて湯船に浸かる)


あと、意外と効果を実感したのは冷え取りです。


ちょうど冷え取りソックスが話題にもなっていたので
試してみるとなかなか良かったのです。

シルクの腹巻は今でも続いている習慣で、
とにかく足やお腹を冷やさないように
外からも温めるようにしました。

特に冬は、寝る時に湯たんぽや
ハーブカイロを愛用しています。

ハーブカイロは自分で作って試してみると
香りにも癒され、気分的にも効果あり。
おススメです♪



適度な運動をして筋力をアップすれば
体温は自然に上がります。


実際にオンコロで治療をした友人は
優秀なパーソナルトレーナーもつけて
筋トレを続けています。

もともとスタイルの良い彼女ですが
病気になる前よりも健康的で
パーフェクトボディ♡

そんな彼女のBLOGはコチラ






すっかり体温が36.5℃をキープ出来るようになって
そこまで徹底的にはやらなくなりましたが
今でも、なんだか体温下がってる気がする~
と思ったら、温まる食材を使って料理をしたり
カラダを冷やす物を控えたり、
自分のカラダに耳を傾けるようにしています。


あくまでも私の場合です。
ライフスタイルや体質によっても
変わってくるので。




なんでもピンときたらやってみる。
自分のこころとカラダを観察する。
良いと思うことを続ける。

ルールなんて自分で作ればいいのです。